障害再現なく実時間で、
WhaTapアプリケーションモニタリング

「アクティブスタック」というWhaTapのみの特許技術で既存の他の製品では見つからなかった隠れた領域の問題原因を見つけ出し改善ポイントを提供します。

実時間トランザクションモニタリング

WhaTapは現在進行中トランザクションの遂行現状を実時間で表します。全てのアプリケーション問題は進行中トランザクションの増加と現れます。増加瞬間の遂行中のSQL、システム呼出、スタックを即時確認できれば、問題を素早く感知でき分析可能です。

トランザクション性能Deep Dive

WhaTapは全てのトランザクションの遂行履歴を収集し分析できます。トランザクションの性能はSQL、システム呼出及びメソッドレベルまで追跡できます。特に「アクティブスタック」機能で厄介メソッドプロファイル設定なしでメソッドレベル分析が可能です。

* アクティブスタック機能はJava、Pythonで利用可能です。

MSA呼出パータン分析

MSA構造で複雑な呼出関係のトランザクションをURL基準での統計的呼出比重として視覚化し提供します。呼出関係及び呼出比重の変化を通じシステムの構造変化状態を統計的に見通せます。


特徴

whatap AI pattern analsys
AI基盤の応答分布パータン分析

WhaTapは特定パータンを機械学習を通じ自動感知し警告通知することにより運営者が気づいてない問題までお伝えします。(SaaS以外はお問い合わせ必要)
出願番号:10-2020-0037381

whatap multi-transaction analsys
マルチプロジェクトトランザクション連携分析

MSA環境でトランザクションの連携分析機能を提供します。全体トランザクションを追跡しどのアプリケーションで遅延が発生したかを把握できます。

whatap stack statistics analsys
スタック統計分析

統計分析では実時間モニタリング又はプロファイル情報で見つけにくい改善ポインんとを見つけ出せます。巨視的問題の推移もチャートと表で改善対象を選別又は特定時間帯の応答遅延現象をご確認できます。

whatap cube chart
事後分析(Cube)

5分時間単位で色んな指標を一眼で確認できます。応答時間、エラー件数及び処理量等が高い時間帯のみを特定できるため該当時間帯の問題原因を識別できるしサービス現状を正確に把握できます。

whatap throttling
サービス暴走時の負荷量制御(Throttling)

システムで対処できない大量リクエストが流入される場合、一部リクエストを拒絶するか不正リクエストは遮断し安定的にサービスを運営できます。

whatap Asynchronous
非同期トランザクションプロファイル

WhaTapのみの独自BCI(Byte Code Instrumentation)技術で非同期トランザクションの性能を効率的に追跡します。WebFlux、Reactor、Hystrix等を利用するアプリケーショントランザクションプロファイル情報を収集します。

サポートされるプラットフォーム

クイックスタートガイド

今すぐWhaTapをお試しください。