WhaTap Blog

どのサービスが円滑に運営されているシステムでしょか?

2019年10月7日

How to manage servive?

システム運営をするために必要なことは、自分が運営するシステムの運営率の統計を見ることです。運営率の統計値を通して、今後のシステムの拡張やアップグレードに対する計画を立てるだけではなく、もし異常事態が起こった場合にも速やかな対応が出来ます。

このような統計が必要である代表的な指標がCPU指標です。CPU 指標はシステムの負荷状況を最も早く反映します。全体のシステムの状況を一目で分かるようにするためにWhaTapサーバーモニタリングサービスでは以下の通り、分表グラフの形のチャートで表します。

下記の図は50台から100台程度のシステムを運営する顧客のCPU分表グラフです。

Resource map 左から[図1][図2][図3]
  • [図1] A社5%以下のCPU使用率のシステム
  • [図2] B社40%以下のCPU使用率のシステム
  • [図3] C社80%以下のCPU使用率のシステム
  • A社 社は安定的なシステムを構築しましたが、サービスよりシステムが過剰に設置された場合です。ITが弱い製造業でよく見られる形です。
  • B社 社は伝統的なサービス企業で多く見られる形です。負荷が溜まることに備え、常にバッファーを残しているシステムの形体です。Bの場合は負荷が高い場合には最大、CPUの使用率が普段の2倍まで上がる形のサービスを提供しています。
  • C社 社はクラウドを導入したシステムなので伝統的なシステムとは違い、余裕な部分を残さずに利用しています。また、追加で負荷がかかるとシステムのスケールを高める戦略を使用しています

伝統的にB社の形が最も理想的なシステムの運営として考えられていますが、最近ではクラウドの使用と共にC社の形体に転換されています。クラウドは賃貸型サーバーに比べて値段が高いという認識もありますが、運営チームがどう使用するかによってクラウドはより早く、より安くなることもあります。

自社のシステムがどう運営されているのか気になりましたら、WhaTapサーバーモニタリングを利用し、今すぐシステムの運営状況を確認することができます。

2週間Tree Trialを通してシステムを充分に分析してみてください。

自社のサービス運営がうまく出来ているかを確認したいなら?

無料で始める