WhaTap Blog

クラウドに移行する前に必要な準備事項は何か?

2019年10月7日

cloud migration

なぜ、クラウドを利用するかに関する話はすでに聞いているはずです。クラウドは持続発展を通してITでもっとも大事にする「スピード」「コスト」「品質」この3つをすべて満足させてきました。多くの企業が自社のビジネスレベルをより高めるためにクラウドを適用しています。

多くの企業は新しいプロジェクトにクラウドを導入していますが、これに対して既存のシステムをクラウドに適応する比率はあまり高くありません。なぜならば、クラウドに転換する過程がとても大変な作業だからです。特に適切な計画、実行、テストがなければクラウドに移転してもセキュリティー、統合、リソース、コスト、ネットワークのうち、どこかで問題が起こってしまうかもしれません。

クラウド・マイグレーションを前後として、どのような内容を準備しなければならないのかについて調べてみましょう。

クラウド移転計画

Cloud migratoin plan

そクラウド移転計画は大別すると以下の4つによって進行されます

  • クラウド提供企業選択
  • 準備及び計画
  • クラウド移転
  • 有効性の検査及び確認

クラウド提供企業によって準備過程が異なりますが、まず初めにすることはクラウド・サービス提供企業別のメリット・ディメリットをチェックすることです。その後、クラウド・サービス提供社に合わせて移転計画を立てます。この際、MSP会社にサポートしていただく場合もあります。IDCにあるサービスをクラウドに移すと仮想化の影響でアプリケーションやデータの変更が必要な場合もあります。そして最後には、アプリケーションの有効性検査も行うべきです。

クラウド・サービス提供社の選択

アジアにおけるクラウド・サービス提供社の占有率 [図1]アジアにおけるクラウド・サービス提供社の占有率

クラウドの選択において多数のユーザーがAWSを利用してきました。クラウド市場がどんどん激烈化し、最近では他クラウドのベンダーに対する選択肢が広がりつつあります。

Amazon Web Servicesは不動の一番使用されているクラウドサービスです。クラウド・サービスの使用性、接近性が優秀であり、多様なフラットホーム・サービスを提供しています。

Microsoft AzureはWindowsとMS SQLサーバーを使用する企業が選ぶ良いオプションです。

Google CloudはBig data, TensorFlowのようなハイレベルなコンピューティング・サービスを提供します。Alibaba Cloudはもしあなたが中国でビジネスの展開を見込んでいるのならば、考えてみるのも良いでしょう。急成長しているクラウド・サービスの一つです。

この次にまとめますが、各クラウド・サービス提供社にとっては部分別に強みと弱みが存在します。秒単位に凄い拡張性を提供するクラウド・サービスがある一方で、個人化されたアプリケーションの管理設定に強いベンダーも存在します。市場の先頭を選択することが一番安全で手間を省きますが、クラウド・サービスの特徴を分析し自社のサービスに相応するベンダーを把握することがとても大事です。

最後に実際の状況をモデリングし、考慮中のクラウド提供社のサーバー、データベース、ネットワークのコストを計算するべきです。コストはいつでも重要な考慮事項です。

準備、計画

cloud migration

クラウド提供ベンダーを選んだならば、次に移行の準備をしましょう。一度で移行ができるのならば幸いですが、ほとんどの場合、一度で移行はできません。

まず、段階別に移行の計画を立て、移行するサービスが決まりましたらソフトウェアの変更を確認します。変更することなく移転ができるのであれば幸いですが、いつもそうとは限りません。それではこれから、移行中のサービス利用中止時間に関して議論を進めます。移転されたサービスは、性能を確認する計画を立てなければなりませんね。最後に人材構成や運営プロセスについても考えるべきです。

setting migration target [図2]マイグレーションの対象を決める
1. マイグレーションの対象を決める。

クラウドに移動する最初のアプリケーションは最も簡単で、重要度が低いものにします。クラウド・マイグレーションの経験を通し、自社に合うプロセスをチェックします。もし移行中に問題が発生しても負担なく、処理することができます。

2. アプリケーション変更範囲を確認する。

クラウド・サービスの仮想化されたシステムは、現在のシステムとは異なる、実行されるコンピューティング環境も含まれます。

3. 性能テストする。

性能はクラウドに移行する際の重要な理由です。性能はリソース節約方法でもありますが、迅速な応答スピードは顧客に良いサービスを提供する、第一要素でもあります。しかし、クラウド・マイグレーション後、アプリケーションの応答時間が遅くなる場合もあります。

既存のシステムをクラウド・サービスの分散環境で変更することで思わぬトンネル現象が発生することもあります。クラウド・サービスはより多くのコンピューティング・リソースを提供しますが、通信オーバーヘッドは予想よりも高い場合があります。このような問題を解決するため、必ずマイグレーション移行の性能をきちんと確認しておかなければなりません。

サービスを移行する際に性能に問題が発生した後、APM(Appkication Performance Management)ツールを利用することで、さらに支払う費用が高くなる可能性があります。

make a plan
4. 業務プロセス準備。

クラウドに移行するとシステムエンジニアの役割はシステム運営からサービス運営に、さらに拡大する事もあります。開発者も、配布と運営過程にどのように参加するか、準備しておきましょう。そして開発者、運営者、管理者みんなが新しい志をもって業務プロセスを準備しましょう。

5. サービスの中止に関する計画を立てる。

サービス中断なく、クラウドに移転することができれば良いですが、敢えてそこまでする必要がない場合や、構成上の理由で不可能な場合もあります。もしそうならば、サービス中断に対する計画を立てるべきです。それだけではなく念のため、システムを復旧するシナリオも前もって準備しておきましょう。

6. セキュリティー点検

国内の場合、法律の問題でクラウド移行ができない場合もあります。クラウドはセキュリティーやその他手続きの統制力が低いため、クラウドベンダーが提供する手続き内で保安を維持しなければなりません。クラウド移転をする前にデータ保安を維持するためのセキュリティーの手続きや戦略の準備を前もって行いましょう。

クラウド移転

cloud migration

クラウド移行作業はアプリケーションの特性によって異なりますのでここでは説明しません。ただ、クラウド移行作業はMSP又は国内SI企業に任せて行うことが一般的であり、経験があるグループと共に進行した方が良いでしょう。クラウド移行の過程は危険でエラーが多発するため、予め問題を予想して、それを避けるためには経験が必要です。

有効性の検査及び確認

cloud migration

データとアプリケーションをすべてクラウドに移行したら、すべてが正常に動作するのか必ず確認をするべきです。この仕事はとても大変な作業です。嘘のようですが、クラウドに移転後、充分な確認をしないまま、サービスを転換した後にすぐ、サイトが中断されるといった状況が実際に時々発生することがあります。

安定的なサービスの動作を確認するため、基本動作テストを自動化した方がよろしいです。

  • 全てのサービスが作動するかテストします。
  • データが正常に生成されているか確認します。
  • 内部の構成要素が正しく通信するかテストします。
  • サービス運営状況が正常にモニタリングできているのかをテストします。

全ての動作を確認した後、必ず負荷テストを行います。負荷テストを進行せずにサービスを転換する場合は、動作には問題がないかもしれませんが、若干のトラフィックにもサイトが耐え切れず、中断する可能性があります。負荷テストをする際にAPMサービスとServerモニタリングサービスを通してシステムとアプリケーションの問題点を追加で把握することができるため、きちんと安全対策ができます。

クラウド上で作動するアプリケーションとシステムはSaaS基板のモニタリング・サービスを利用することが一般的ですが、パッケージ・ソリューションの使用も可能です。

国内1位、クラウドに最適化されたSaaS基板の統合モニタリング

無料で始める