Kanban、Scrum、SAFe、FDD、Lean、デブオプスとは?、デブオプスとは何か?、デブオプスはどのように?">

WhaTap Blog

DEVOPSはどのようにして始まったのか?

2019年10月7日

What is DEVOPS

クラウド・マイグレーションを前後として、どのような内容を準備しなければならないのかについて調べてみましょう。

DevOpsは開発者と運営者の疎通、協業及び統合を強調する文化、方法論、プロセス、道具全てを意味しますが、このように定義が幅広いということは、DevOpsの始まりが開発チームと運営チームの間での衝突がきっかけになった問題解決であるからです。DevOpsを誰がどう始めたのかが分かるとDevOpsの定義を理解する際に役に立つと思います。

DEVOPS 前

Before DEVOPS

1990年代は既存の大規模な開発に対する反作用として軽量化された「開発方法論」が発展されました。1991年代には、早いアプリケーションの開発方法の「RAD」が出て、1995年には「スクラム開発方法」が出ました。1996年には極端的な「プログラミング方法論」を意味するXPが発表されました。この方法論達は向後、アジャイル宣言に多くの影響を与えます。

2001年17人のソフトウェア開発者たちはユタ州にあるスノー・バードリゾートに集まりました。彼らは軽量化された開発方法論について討論し、ここでアジャイル・ソフトウェア開発宣言文を発表しました。17人のソフトウェア開発者の中にはKent Beck, Ward Cunningham, Jeff Sutherland, Ken Schwaber, Jim Highsmith, Alistair Cockburn, Bob Martinといった開発者たちが含まれています。

アジャイルはソフトウェアの運営ではなく、開発の方法に関する論議でした。2000年代中頃になると、ソフトウェアは市場がウェブサービスに変わっていくことで、【開発】と【安定した運営】が同等に大切なものとなりました。運営チームは安定した運営のために開発のスピードを落としましたが、開発チームの、早い開発が安定的な運営の邪魔になるため、ここで両チームの溝が深まります。

DEVOPSの始まり

DEVOPS DAY's

2007年アジャイル方法論を基にしてプロジェクトを管理するITコンサルタントPatrick Deboisは国家が進行するデータセンター以前のプロジェクトを支援します。

彼の役割は認証及びテスト準備に関するものです。この役割はアプリケーションの開発チームと運営チーム(サーバー、データベース、ネットワーク)皆と一緒に協力すべきでした。

この作業を進めていくうちに彼は開発チームと運営チームには決して縮められない距離があることに気づき、この問題を解決すべく、ある方法を考えました。

2008年Andrew Schaferはトロントで開かる「アジャイル・コンファレンス」で「アジャイル・インフラストラクチャー」について討論する「Birds of a Feather」ミーティングを進行するように提案します。誰も興味を持たない課題でしたが、Patrick Deboisだけはこの課題に興味を持ちました。 Shafer Deboisは討論を通して「アジャイルシステム管理」概念を発展させ、Googleにアジャイルシステム管理グループを作ります

次の年、オライリー・ベロシティー・コンファレンスでフリッカーのJohn AllspawとPaul HamondはDevOpsの概念を説明する最初の試しと言える「10+ Depolys per Day: Dev&Ops Cooperation at Flickr」を発表しました。AllspawとHammondはソフトウェア配布中に発生する開発チームと運営チームの状況を演技しました。お互いに相手を指差しながら「俺のコードが問題じゃなく、お前の装備が問題だよ!」と非難するプレゼンテーションは多くの人の共感を得ます。このプレゼンテーションを通して人々は、開発チームと運営チームが透明で完璧に統合する必要があると考えます。

そして、このプレゼンテーションをベルギーからストリーミングで視聴していたPatrick Debois氏が、「Devopsdays」というイベントを開く事を思い立ち、それが本格的なDevOpsムーブメントの始まりとなりました。

DEVOPSのTOOLS

Tools of DEVOPS

DevOpsが拡散される一方で、開発チームと運営チームが迅速で安定したアプリケーションを開発・運営出来るようにするための数多くのアシスタント・ツールが登場し始めました。このツールたちはプロセスを自動化させることが出来ますし、開発チームと運営チームが共に利用できる特徴があります。

代表的にPuppet,Chefと似た構成、設定管理ツールがあります。モニタリングの分野も今ではDevOpsの核心ツールになりましたが、これはSaaS型のモニタリングサービスが提供され、開発と運営が共に利用できる環境が整ったからです。

開発者と運営者の位置が業務と関係なく見れる
マルチテナントの機能を持つ、パワーフルDevOpsツール

無料で始める