WhaTap Blog

スタートアップ企業がサーバーモニタリングすべき5つの理由

2019年10月7日

Qos

「サービスの品質(QoS:Quality of Service)は重要ですか?」という質問に「いいえ。」と返事をするはずがありませんよね。すべての企業は自社のITサービスの品質を重要視します。だからこそ多くの企業がサービス運営チームを利用し、継続的にサービスの品質を確認して、もし問題が起きても顧客が察知する前に問題解決をするために努力してます。

スタートアップとサービスの品質

404

スタートアップ企業側も同じです。ITサービス基盤のスタートアップ企業を運営する全参加者、特に開発者はサービスの品質に敏感です。スタートアップ企業の開発者たちはサービスの品質のため、コードに注意を払います。しかし、実際の運営システムに現れるサービスの障害は、コードの品質だけでは解決できません。

特にスタートアップ企業は、サーバーで起きた問題を解決するためには半日以上かかる場合もありますし、問題が発生したことを顧客よりも遅く認知する場合もあります。このようにITサービスが最適な性能を発揮し、エラーを防止するためには自動化されたサーバーモニタリングが必須です。

スタートアップとサーバーモニタリング

Server monitoring

サービスの品質において最も重要なことは、障害による中断が発生しないことと、顧客がサービスの性能に不便を感じないようにすることです。サーバーによる障害はサービス中断の問題を招くため、品質においてとても大事なissueです。クラウド・サービスを利用する際にはサーバーの物理的な障害をクラウドベンダーが責任を負います。しかし、サーバーの影響で発生するサービスの障害は、依然として発生する場合もあるため、サーバー関連の大部分の問題は一定期間の間に蓄積される傾向があります。日常的にサーバーモニタリングをしないと予防すらできないだけではなく、問題解決に相当な時間を費やします。また、上記以外にもサーバーモニタリングをしなければならない多くの理由があります。

最近のクラウドとDevOpsにより、スタートアップ企業が運営チームを準備しない傾向が次第に大きくなっていますが、これはDevOpsの影響で多くの開発者たちがサービス・コードの持続的な統合、配布についての経験が募り、クラウド環境で開発者たちが直にサーバーを運営するようになったからです。

スタートアップ企業がサーバーモニタリングすべき5つの理由

Why we need server monitoring?1
1. 事前分析を通して障害を防止します。

ITシステムに関する事前分析を通して重大な問題を予防することが出来ます。システムの不一致を識別し、相関関係が理解できるよう、サーバーの不良パターンや定期的なモニタリングをしなければなりません。長期間に渡り持続的にメモリーの使用率が上がる場合にもしモニタリングをしていなかった場合、該当するissueを分析することは不可能です。障害発生後、問題の原因を確認することも簡単ではありません。モニタリングを通して顧客が不便を感じる前に解決すべきです。

システムを持続的にモニタリングしているのならば、自動または手動で設定された警報により、問題発生前に対処が可能です。この一連の流れはサービス品質の向上を狙うだけではなく開発チームの負担を減らすことができます。

Why we need server monitoring?2
2. ダウンタイムを減らしてビジネスの損失を防止出来ます

多くのスタートアップ企業が顧客を通じて障害発生を認知します。これは重大な問題です。特にダウンタイムはビジネスにおいて、とても重要な要素なのでダウンタイムの始まりを即座に見抜かなければなりません。障害発見後、10分で問題解決ができたとしても、もし5時間の間、障害に気づかずにいた場合にはダウンタイムは5時間10分となってしまいます。

サービスのダウンタイムが長くなるほど、ビジネスは即時に影響を受けるだけではなく、長期的な視点から、企業に対する顧客の信頼を失います。

サーバーモニタリングは問題の範囲を減らすことができるので、ダウンタイムを短くするために役立ちます。

Why we need server monitoring?3
3. 生産性と性能を向上させます。

サーバーをモニタリングすることが現在の問題解決だけに限定されたものだと思ってはいけません。今後、改善が必要な部分を把握することも出来ます。サーバーモニタリングの範囲はサーバーリソースとネットワークリソースをすべて含んでいます。サーバーモニタリングを通してサーバーリソースとネットワークの相関関係を分析出来ます。クラウドサービスを利用する場合はモニタリングの分析結果に基づいて、サーバーとネットワークを調整してみることも良い方法です。

Why we need server monitoring?4
4. モニタリングを通してITアップグレード計画、予算を決めます。

すべてのサーバーは生体リズムがあります。毎年、必要なサーバーの規模は異なります。クラウドを使用しているなら毎月、毎週、とリアルタイムで異なります。そしてこれをモニタリングで予測し、戦略を変更することは効率的なサーバーの運営方法です。

Why we need server monitoring?5
5. データ基盤の洞察力と意思決定を可能にします。

サーバーモニタリングはIT戦略を立てて形成する重要な要素です。クラウドでIT環境での性能と費用がリアルタイムで交換可能なので、サーバーモニタリングのビジネス的要素は一層重要でもありました。企業のIT環境は顧客に最新のサービスを提供するため、持続的に改善するべきです。技術変化のビジネス的な要求が素早く変化する環境で、IT資産がどのように遂行し、提供しているのかを把握しない限り改善も難しくなるでしょう。

スタートアップ企業のCTOまた、開発チームの誰かがサービスのサーバー環境について調べようとする時、モニタリングの構成要素がなければIT環境を直接分析することは難しいです。IT環境がどのように実行されているのか、危険を最小限にするために何をしているのかを把握するためにはモニタリングが必須です。

スタートアップ企業に推奨する SaaS基板のサーバーモニタリング

サーバーモニタリングはそれほど難しくありません。国内外に多くのサーバーモニタリンサービスがあり、Agentをサーバーに設置するだけで簡単に利用できます。

SaaS基板のサーバーモニタリングが大衆化されるまではオープンソース基板のモニタリングソリューションの利用を推奨していましたが、オープンソースを理解し、インストールして運営するコストを考慮するならば、これはビジネス観点から見ると、効率的な選択ではありません。まだ、ITモニタリングを導入してないスタートアップ企業ならば、サーバーモニタリングからスタートしてみるのはいかがでしょうか?

まだ、ITモニタリングを導入していないなら?

無料で始める